2016年08月25日

MPUコアを変えてみようと思います

FPGA版X68k互換機には、MPUコアとしてOpenCoresのtg68を使用していました。
このコアには
・割り込みがオートベクタしかない
・FC出力が無い
・バスエラーが無い
という問題と、
・クロックあたりの処理は早いが、クロック数を上げられない
という特徴が有ります。
この中で、X68kのBIOSではわざとバスエラーを発生させる場所が
有るのですが、この部分が正常動作しない為、現在はSRAMの設定で
この部分を回避しています。
ですが、ソフトによっては同じように処理することが有る可能性が有りますので
他にIPが無いか、探したところ、同じOpenCoresにao68000というIPが有りました。
このIPは
・データバスが32bitで、アドレスバスにA0~A1が無い
という特徴が有ります。それ以外は本物のMC68000と目立った差異が無さそうです。
データバス幅に関しては、ブリッジを作って変換することで16bitバスに変換できそうです。
速度に関しては、同じ処理にtg68よりも2倍くらいのクロック数を要しますが、
クロック数を3倍程度上げられそうですので、1.5倍程度、高速で動かせそうな状況です。
一部割込みでバグが有りましたが(割込み7はNMIの筈だがマスクが掛っている)
tg68よりも使いやすそうでパフォーマンスも高いのでこれに切り替えていこうと
思います。
posted by プー at 21:19| Comment(0) | X68000 | 更新情報をチェックする

2016年08月13日

X68kも更新です

同じPCB用にX68kも更新しましたのでRTLをアップします。
release-F68k_DE0CVDEMU.160813.qar
ディスクエミュレーション用しかまだ修正できてません。
続きを読む
posted by プー at 17:37| Comment(3) | リリース/X68k | 更新情報をチェックする

久しぶりの更新です

FPGA関係としては約1年ぶりの更新でしょうか。
内容に関してはあまり変更は無いのですが、最近感光基板を使った別の趣味で遊んでおり、
DE0-FDD等接続用の中継基板を感光基板化すれば綺麗に簡単に作れるかと思って
中継基板をパターン化してみました。
パターン作成はフリーソフトのPCBEを使わせてもらいました。
IOboard2.pcb
は僕が入手できた部品(ヘッドホン端子、USBコネクタ等)に合わせて設計されているので入手した
部品に合わせて修正してください。
フィルムはサンハヤトのインクジェット用がちょっと高価ですが綺麗に出来上がります。
使用する部品はDE0接続用基板はんだ付けタイプの40pinメスコネクタ、FDD接続用34pinオスコネクタ、
FDD電源供給(I2C出力付き)用にUSB Aコネクタ、抵抗アレイ コモンタイプ1kΩ×8が3個、
ヘッドホン端子基板タイプ(SW無)、D-SUB 9pinオス基板はんだ付け用×2、適当なパスコン×2、
秋月のRTCユニット RTC-8564NB(プルアップ無)、適当なスーパーキャパシタ、ショットキダイオード
それ以外に数本のジャンパー(抵抗の足等)が必要です。

従来のピンアサインは手配線で引きやすいように配置されていましたが、直接コネクタを
DE0に刺すことを考えると引きにくいアサインですのでピンアサインは最初から配置
し直していますので従来のRTLだと互換性がありません。
ピンアサイン変更後のRTLは
release-de0cv.160813.qar
ですのでこちらを使用してください。(まだDE0-CV用しか修正できていません)
中に入っているピンアサイン表は、修正していないので無視してください。そこまでは修正できていません。
ついでに、実家でジョイパッドを発掘しましたので、ジョイパッドに対応させています。2ポートありますが
DE0につなげた時に手前側になる方を使用します。(X68k等では2ポート共使用可能)
posted by プー at 17:31| Comment(2) | リリース | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。