2016年10月06日

オーディオセレクタ説明です

どのような物を開発中か、説明します。
P_20161003_211348.jpg
まずはフロントパネルです。液晶とタクトスイッチが付いています。
P_20161003_211331.jpg
内部はこんな感じです。写真上から、RCA入出力基板×2(左右)、その上にAM/FMチューナー、
左中段が電源(+5V常時、+5V、-5V)と電源リレー基板、右に行って出力アナログスイッチ基板(各PIC12f1822×2)、
下段左が±5V用トランス、液晶およびメインコントローラ(PIC16F1939)、リモコン及びスイッチ
入力基板(PIC16F1827)です。

アナログスイッチ基板は感光基板です。3枚重なっていますが1枚目だけサラウンド用
回路と汎用蛇の目パターンが準備してあるので一回り大きいです。
それ以外の基板は全て蛇の目ユニバーサル基板です。
各基板を50pinのフラットケーブルで繋いでいますがこのケーブルには全オーディオ信号と
5Vバックアップ、±5V主電源、I2C信号が載っています。電源-メインコントローラ-リモコン基板を
繋ぐ10pinフラットケーブルは5Vバックアップ、リモコン割り込み信号、リレーON/OFFが載っていて
両ケーブルのI2Cラインは繋がっており、メイン基板のPICがマスターでアナログ切替からリレー制御まで
I2Cで制御しています。
posted by プー at 00:47| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2016年10月03日

新プロジェクト

少し前の記事にも書いたのですが、最近感光基板を何枚も焼いて新しいおもちゃを
作り始めました。
FPGA/EPLDも使っていなければ、売り物のマイコンを使っちゃったりもしているのですが、
オーディオの切替機を作っています。
実は高校時代に何とか研究っていう授業でZ80とC-MOSの4051を使った切替機を作っているのですが、
それの大幅にバージョンアップした物にしようと考えています。
切替機の機能としては:
・入力数16(内3は内部で生成)
・出力数3(5.1ch相当) 各左右
・入力の内部生成はAM/FMラジオ、サラウンド、超低音LPF
・音量調整ボリューム付
・16入力と3出力の割り当てを記憶可能なソースセレクト
・アンプ電源制御
・リモコン操作
とこんなところでしょうか。真空管アンプを過去に幾つか作ったのですが、
いちいち本体の所に行ってソースを変えたり、音量を調整するというのは
居間で使うには面倒と思い計画しました。

これをマイコン(PIC)で制御していますが、3種8石のPICを使っています。
一つ目はメインマイコン。液晶画面やリモコンからの信号の処理。
二つ目はリモコンの受信と主電源制御
三~八はアナログスイッチ4051の切換え(+内蔵EEPROM)
です。
アナログスイッチ制御は本当は一つの4051に一つの8pinPICで可能だと
思っていたのですが、一ピン入力専用ピンが有るという事を買った後で
知ったため、仕方なく2石で2つの4051を制御していますが
14pinのPICを使えば1石で2つの4051を制御可能でした。(デバグでは実際に
それで行っていました)
posted by プー at 12:47| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。