2019年05月14日

FPGA版CD-4 demodulator

ソフトウェア版CD-4 demodulatorを作りましたが、レコードを聴くのにいちいちパソコンを接続して、というのも面倒な作業ですし場所も必要ですので、単体で動作するものをFPGAで作ってみました。
基本的にマルツパーツで入手できるもので作っています。
FPGAボードはMAX10-FB(SDRAMは使用していないので雑誌付録でも十分)
ADコンバータは旭化成のAK5720VT
DAコンバータは同じく旭化成のAK4386ETを前後で2石
です。できるだけ安価な部品で集めてみました。
以前作ったオーディオコンソールに内蔵させることも考えて、セパレーション調整等は
I2Cから制御するように設計していますが、簡易的にプッシュスイッチでも調整できるように
入力を準備しています。(ただし左右同じ設定にしかできませんが)

CD4-FPGA.jpg
御覧の通り、まだブレッドボードです。また、まだ実験段階でフロントADCは未接続ですがたぶん問題なく動いているでしょう。
ADC,DACは24bit/96kHzに対応のI2Sフォーマットのものであれば何でも使用できると思います。
一応、全回路24bit/96kHzで計算させていますので「ハイレゾ」になるのでしょうか。
ソフトウェアバージョンでは500msのバッファで処理をしていましたが、FPGA版ではフィルタでの遅延はありますがほぼリアルタイムで処理されます。
4chレコードという、昭和の時代の産物も、平成・令和も健在です。
release-CD4dem.190513.qar
posted by プー at 00:19| Comment(0) | オーディオ関連 | 更新情報をチェックする