2019年07月22日

修正版

X68000のエミュレータとして、新しくXM6を使用してみました。
そのところで、実はMFPに入力される信号の論理が今までよく分からなかったため適当に決めていた部分で間違いがありましたので修正しました。具体的には垂直表示ブランク信号の論理が逆でしたので修正しています。
それと、スプライト・BGメモリをCPUから読みだしが出来ないようになっていたのを修正しています。
(書き込むだけで読み出すことはあまり無い領域だとは思いますが)
release-F68k_DE0CVDEMU.190722.qar
posted by プー at 21:20| Comment(2) | リリース/X68k | 更新情報をチェックする