2020年03月29日

基板を作ってもらいました

前の記事にコメントを頂いたkunichiko様が、X68k用にI/O基板を起こされたとのことで、サンプルを一枚頂きましたので早速、取り付けてみました。
実機の様に黒く、ということで、かなり格好良く出来ています。僕の感光基板バージョンとは月と鼈です。(画面の手前にあるのが僕の感光基板バージョン)
X68k_PCB.jpg
ユニバーサルに使用できる領域が確保されていますので、僕はI2C接続のRTCを(従来通り)接続しています。
この基板、DE0-CVの上に乗っかる設計のため、DiskEmulation切り替えスイッチの切り替えが困難になるためI/O基板上にも専用スイッチを準備してくれてありますのでそちらも使用できるよう、RTLの修正を行いました。どちらのスイッチでも切り替え可能です。スイッチの出力は手配線で好きなところにつなげてください、というスタンスのようで、kunichiko様はGPIO 0の40番ピンに接続されたようですが、僕はGPIO1の9番ピンが中途半端に開いており、もったいない(貧乏性)のでそちらに接続しました。
また、FPGAマガジンNo.1の第5章の記事に合わせ、HDMI関係のIO属性を従来LVDSにしていましたが、LVDS_E_3Rにしたほうが電圧レベルが高い?とのことで、kunichiko様から頂いた基板では確かにLVDS_E_3Rにしないと正常に画面表示が出来ませんでしたのでIO設定をLVDS_E_3Rに変更しています。従来回路ではどちらの設定でも表示は出来るようです。
release-F68k_DE0CVDEMU.200329.qar
posted by プー at 11:11| Comment(0) | リリース/X68k | 更新情報をチェックする