2014年08月14日

キーボード割り込み-2

自動EOIを強制的にONにすることで割り込み処理ルーチンを正常に実行するように
なりましたが、キーを押しても特に何も変化しません。
np2には互換BIOSのソースがついていますのでint9(IRQ1:キーボード)がどのような
処理を行っているか(vect09.x86)追いかけてみたところ、キーボードからの受信に
フレーミングエラー等のエラーが無いかを確認しエラーがなければエラーカウントを0にして
キーからのコードを読むだけは読み、STOPキーとCOPYキーであればINT5/INT6を
実行し、それ以外であればEOIを割り込みコントローラに送信して終わりです。
STOP/COPY以外の場合はそのキーコードに対して特に何をするわけではありません。
では、np2ではどのようにキーを処理しているかというとこの処理もエミュレータ側で
処理しているようです。(bios09.c)
キーの処理をZet/98で行うにはこのbios09.cと同じ動作をする8086のアセンブラコードを
vect09.x86に追加する等が必要になるのでしょう。
posted by プー at 16:01| Comment(0) | Zet/98 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください