2015年09月15日

HDDサポートバージョン

というわけで、SDカードをSASI-HDDとして使用するバージョンができましたので
アップロードします。
release-F68k_DE0CV.150915.qar
SDHCやSDXCは使用できません。ノーマルのSD(SDSC)を使用してください。
もちろん、DE0-CVのSDカードスロットはMicroSDですのでマイクロサイズの
SDカードが必要です。

SDカード全体をドライブとして使用します(SDカード内のファイルを使用するのではありません)
ので、内容物は全て失われると思ってください。活線挿抜はできませんので、
SDカードを入れた状態で電源を入れてください。
現在では1つのID(ID=0)にしか対応していません。ただ、UNITは0と1には対応していると
思うので、2ドライブ使用できると思います。SASI HDDは最大1ドライブあたり40Mbyteですが、
64Mbyteを割り当てています。また、読み書きともにブロックサイズ変更可能なカードでは
256B/sectorで使用しますが、それ以外では512Bを1セクタ(256B)として半分の容量として
扱いますので1ドライブあたり128MB消費します。
使用前にはformatコマンドでフォーマットが必要です。
まだ稀に動作異常になることがありますので、その場合は電源を入れなおすが、
リセットスイッチ(小さなプッシュスイッチ)を押しながらSDカードを入れなおしてください。

尚、今回のバージョンでは今まで機能していなかった、FDDの挿抜割込みも
発生するようになっています。イジェクトには未対応です。
(ハード的に自動イジェクトはできませんが、後々イジェクト命令を受けたら
イジェクトされたように振舞う機能を付けたいとは考えています。)
posted by プー at 23:53| Comment(0) | リリース/X68k | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください