2015年10月22日

NiosIIと格闘中

SDカードに保存されたHDDやFDDイメージを処理する為NiosIIの勉強をしています。
HDLと比べると、さすがにCPUは複雑なことがいとも簡単にできます。
画面表示の為にテキストVRAMに文字列を保存するのも、VHDLで書こうとすると
長~いステートマシーンでアドレスを変えながらデータを変えながら。。。
となりますが、CPUで動かすためにCで書けばわずか数行です。
さすがにアセンブラで書けばVHDL並みに長いプログラムになるのかもしれませんが。

それよりも、ペースが上がったように感じるのはコンパイル速度です。
FPGA版X68kソースのコンパイルには7分位ですが、Cのコンパイルは
まだまだ小さいプログラムだからかもしれませんが1分位で完了します。

ただ、もうすぐ2歳になる娘が僕の部屋に来てキーボードを
ポチポチ押しに来るのです。それでなかなか思ったように進みません。。。
posted by プー at 17:49| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください