2016年09月03日

MPUコア変更完了、しましたが

MPUコアをtg68からao68000に変更の作業が一段落しました。
動かない原因は、DMA中にもMPUがデータバスを切り離さなかったことと
割り込みとDMAが同時にアクティブになったときにDMA転送のACKが
INTへのACKと認識され、DMA転送のデータがINTベクトルと認識されていた
ということでした。
この部分修正し、Human68kは無事、起動し、SX-WindowもKO Windowも
起動するようになりました。が、予想以上に遅いようです。
tg68を10MHzで動作させたときにはKO WINDOWのEPSの値が800を超えるのですが、
ao68000 20MHzでは400にも満たない数値です。
速度アップも見込んだ変更だったので残念です。

上記、分かった問題のうち、DMA中にMPUがバスを切り離さないのは、
tg68を使ったものでも同じ設計になっていましたので(tg68はASをネゲート後、
一度バスをリードに変えるらしく、そのタイミングでDMA転送に切り替えるため
tg68のクロックイネーブルを切っているのでうまくいっていたと思われる)
気持ちが悪いのでこの部分は修正しようと思います。
posted by プー at 18:23| Comment(0) | X68000 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください