2016年10月06日

オーディオセレクタ説明です

どのような物を開発中か、説明します。
P_20161003_211348.jpg
まずはフロントパネルです。液晶とタクトスイッチが付いています。
P_20161003_211331.jpg
内部はこんな感じです。写真上から、RCA入出力基板×2(左右)、その上にAM/FMチューナー、
左中段が電源(+5V常時、+5V、-5V)と電源リレー基板、右に行って出力アナログスイッチ基板(各PIC12f1822×2)、
下段左が±5V用トランス、液晶およびメインコントローラ(PIC16F1939)、リモコン及びスイッチ
入力基板(PIC16F1827)です。

アナログスイッチ基板は感光基板です。3枚重なっていますが1枚目だけサラウンド用
回路と汎用蛇の目パターンが準備してあるので一回り大きいです。
それ以外の基板は全て蛇の目ユニバーサル基板です。
各基板を50pinのフラットケーブルで繋いでいますがこのケーブルには全オーディオ信号と
5Vバックアップ、±5V主電源、I2C信号が載っています。電源-メインコントローラ-リモコン基板を
繋ぐ10pinフラットケーブルは5Vバックアップ、リモコン割り込み信号、リレーON/OFFが載っていて
両ケーブルのI2Cラインは繋がっており、メイン基板のPICがマスターでアナログ切替からリレー制御まで
I2Cで制御しています。
posted by プー at 00:47| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください