2018年11月03日

CD-4ディモジュレータ改良版

CD-4の30kHzで変調されている差分側信号にはノイズ低減の為にANRS(≒dolby B)が
掛けられています。
今までANRSの復調回路は入れていませんでしたが高音が少し耳につくので
入れてみました。
音量レベルに応じ、高音のゲインを調整するのですが、高音だけ取り出し、
音量レベルに応じて元の音から引いて減衰させています。

併せて、ノイズ等をキャリアとして認識し、復調をしてしまわないように
一定期間連続してキャリアを検出しないと復調を行わないようにしましたので
レコードの始まり前と終ったあとの無変調部分当でのノイズ発生を抑制しています。
release.181103.zip
posted by プー at 20:28| Comment(0) | オーディオ関連 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください