2020年03月08日

実メディアリード関係修正

PC-88の実メディアリード関係で、メディアからのリードが失敗する問題が発覚しました。
ディスクエミュレータ・実メディアのリード/ライトにSDRAMのクロックを使用していましたが、クロック周波数が高く、FDDからのパルス周期フィードバック分解能が高すぎることでフィードバックがかかるまでの時間がかかりすぎていたことが原因ではないかと思われます。
X68kと同様、システムクロック(20MHz)で動作するように修正しています。(SDRAMのFDエミュレータ関係処理もクロックが変わったことで修正)

release-de0cvdemu2.200308.qar

ついでに、FDD用新規メディア作成時の処理をバイト単位からSDカードのセクタサイズと同じ512Bのブロック単位で処理することで高速化を行っています。

ちなみにd88ファイルのフォーマットですが、他のエミュレータ用に作られたファイルの読み書きには互換性がありますが、本機で新規作成したフォーマットでは、トラック領域の実際の長さを計算することなく、最大容量で確保してしまいます。余った領域には適当なデータを詰め込んでいますので、他のエミュレータでは読み書きできないものもあるようです。
posted by プー at 09:42| Comment(0) | リリース | 更新情報をチェックする

2020年03月03日

実メディアコピー対応(PC88)

PC-88版も、同様に実メディアコピー対応しています。
使用方法等はX68k版と同じなのでそちらを参照してください。
なお、PC-88の2HDは0シリンダは単密度(FM)フォーマットらしいですが、読み出しはすべて倍密度(MFM)フォーマットとして処理していますので読み込みはできないのではないかと思われます。(FDCからはFMフォーマットの書き込み、d88からの変換もFMフォーマットに対応しています。メディアへの書き込みもFMに対応しています。)

ついでに、一時期DE0バージョン(DE0-CVではなくCyclone3を積んだ旧バージョン)でもOPNAに対応させられないか検討しており、でバグ用の不要な回路を削ったり、BlockRAMやDSPブロックに置き換えたりしましたが、どうやっても収まりきらないので諦めています。ですがその時の変更は有効になっていますので、若干回路が変更になっています。

release-de0cvdemu2.200303.qar
posted by プー at 23:14| Comment(0) | リリース | 更新情報をチェックする

2020年02月24日

PC88も、念のため

PC88はTC信号はCPUで生成するので十分にマージにはあるので変更しなくても問題はないのですが、同じファイルなので念のため、アップします。
release-de0cvdemu2.200224.qar
posted by プー at 22:04| Comment(0) | リリース | 更新情報をチェックする