2018年02月23日

PC88もDiskエミュレーションです

X68kでディスクエミュレーションが大体正常に動作するようになりました。
もともとディスクエミュレーション部分はFDD,HDD等のドライブをエミュレーション
する設計で記述しましたので機種依存にはなっていません。最初からPC88でも
エミュレーションできるように設計しています。
ですのでPC88にもディスクエミュレーションを内蔵させました。
release-de0cvdemu.180222.qar
ディスクエミュレーション部分はRTL、NIOSのバイナリ共に共通です。
.qarを展開するとそれぞれのディレクトリに展開されると思いますが
開発している側ではディスクエミュレーションという一つのディレクトリに
なっていますので、展開した後で共通化できると思います。

最近はフロッピーディスクの入手性がどんどん悪くなってきています。
ですのでエミュレーションによって少しでもディスクの使用数を減らせるように、
という意図で作っています。
posted by プー at 00:54| Comment(0) | リリース | 更新情報をチェックする

2018年01月26日

久しぶりの更新です

FPGA版8801で、一応FM音源を内蔵させておりましたが、音は出るがふにゃふにゃな
音になっていました。一応OPNやその上位互換品のデータシート、アプリケーション
ノート等を読みながらコーディングはしていたのですが、記載のないパラメータ、
例えばエンベロープのxxレートの単位やゲイン0倍時の変調量など、勝手に
設定した部分が有ったのでかなり変な音になっていました。
また、名前がFM音源なので、本当に周波数変調を掛けていましたが、データシート
に記載の図を良く見ると周波数変調ではなく位相変調が正そうだという事も分かり、
同じパラメータを設定した時に実機やエミュレータと同じ音になるように聞き比べながら、
何とか近い音が出るように調整を行いました。
まだdetuneやKSには対応していませんが、それなりの音が出るようになったので公開します。

DE0版
DE0-CV版
1chipMSX版はそもそもFM音源回路が収まらないのでタイマのみの実装で変更有りません。
posted by プー at 19:34| Comment(0) | リリース | 更新情報をチェックする

2016年08月13日

久しぶりの更新です

FPGA関係としては約1年ぶりの更新でしょうか。
内容に関してはあまり変更は無いのですが、最近感光基板を使った別の趣味で遊んでおり、
DE0-FDD等接続用の中継基板を感光基板化すれば綺麗に簡単に作れるかと思って
中継基板をパターン化してみました。
パターン作成はフリーソフトのPCBEを使わせてもらいました。
IOboard2.pcb
は僕が入手できた部品(ヘッドホン端子、USBコネクタ等)に合わせて設計されているので入手した
部品に合わせて修正してください。
フィルムはサンハヤトのインクジェット用がちょっと高価ですが綺麗に出来上がります。
使用する部品はDE0接続用基板はんだ付けタイプの40pinメスコネクタ、FDD接続用34pinオスコネクタ、
FDD電源供給(I2C出力付き)用にUSB Aコネクタ、抵抗アレイ コモンタイプ1kΩ×8が3個、
ヘッドホン端子基板タイプ(SW無)、D-SUB 9pinオス基板はんだ付け用×2、適当なパスコン×2、
秋月のRTCユニット RTC-8564NB(プルアップ無)、適当なスーパーキャパシタ、ショットキダイオード
それ以外に数本のジャンパー(抵抗の足等)が必要です。

従来のピンアサインは手配線で引きやすいように配置されていましたが、直接コネクタを
DE0に刺すことを考えると引きにくいアサインですのでピンアサインは最初から配置
し直していますので従来のRTLだと互換性がありません。
ピンアサイン変更後のRTLは
release-de0cv.160813.qar
ですのでこちらを使用してください。(まだDE0-CV用しか修正できていません)
中に入っているピンアサイン表は、修正していないので無視してください。そこまでは修正できていません。
ついでに、実家でジョイパッドを発掘しましたので、ジョイパッドに対応させています。2ポートありますが
DE0につなげた時に手前側になる方を使用します。(X68k等では2ポート共使用可能)
posted by プー at 17:31| Comment(2) | リリース | 更新情報をチェックする